title

セントラル短資FXライブの使い方

テクニカル分析ツールを使って初心者の方でも簡単に売買サインを知ることが出来る、セントラル短資のFXライブについて少し詳しく説明します。

「FXライブ!」には複数の代表的なテクニカル指標通りに相場を分析しそれらのテクニカル指標の有効性を
一目で分かるように表示した一覧表の「シグナルマップ」が搭載されています。
「シグナルマップ」で分析されるのは
☆14種類の通貨ペア(ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円など)
☆4種類の時間軸(5分足、60分足、日足、週足)
☆6種類のテクニカル指標(移動平均、MACD、DMI、
ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、RSI)になります。


まずはFXライブの立ち上げ方。
◆FXダイレクト、FXハイパーどちらでも構いませんのでログインして下さい。
◆サイドメニューの「為替情報・入出金」をクリックすれば以下のような画面になりますので、 「FXライブ」をクリックすれば別画面で立ち上がります。
 
では、「テクニカル指標ランキング」の使い方を説明します。
◆FXライブが立ち上がったら、上部にあるタブから「テクニカル指標ランキング」をクリックします。
◆ジャンルで絞り込むというところでお好きな「通貨ペア」「テクニカル指標」「時間軸」3つを選択します。
◆ここでは「ポンド円」「全てのテクニカル指標」「時間足」で絞り込んだ結果、
ポンド円の時間足でのRSIの売買サインが一番収益が高いことが分かりました。
もっと詳しく書くと、最大ドローダウン(最大時含み損)は3.84円というのが下のチャートで解ります。
上で絞り込んだ「ポンド円」「RSI」「時間足」をFXライブ上部に設定して、
サインが出た時にアラームを鳴らして知らせてくれるという機能も付いています。
設定は簡単です。FXライブ上部に表示されている下の画面の設定をクリック。


詳細設定画面が出てきますので、ここでは「ポンド円」「RSI」「時間足」を選択して、
「設定」ボタンを押せばFXライブ上部に表示されるようになります。
デフォルトで3つほど設定されているものは必要なければ削除できますし、
最大で5つまで自分で探した売買シグナルを登録することが出来ます。



「セントラル短資」では、直観的FX取引ツール
「クイックチャート トレード」も利用可能となっています。
こちらのおススメポイントとしては
[1] リアルタイム1分足、為替レート、発注画面を
集中表示させながら、ワンクリック注文が可能です。


[2]マウス操作だけで
取引金額を入力できスピィーディーにワンクリックで発注が可能です。

[3] チャート上に、売買シグナルを表示させることが可能な点です。 下記のチャートは、8/24ドル円の1時間足ですが 「RSI下抜け」のシグナルを表示してみたところ 急落する前に、3回の売りシグナルが出ました



 

Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.