title


トレール注文とは?

トレール注文とは?

トレール注文は、損切りラインを自動で上げてくれる便利な注文方法です。
この注文を上手く使いこなす事ができれば、大きな損をする事なく大きな利益を上げる
可能性を模索する事ができます。
そういう意味では、非常に使い勝手がいいように思えます。

しかし、トレール注文は非常に繊細な注文方法で、あまり初心者の方には進められ内面もあります。
この注文は、購入時にロスカットラインの値幅を設定します。

単位がpipsなのでわかりづらいでしょうが、円を扱っているならpips=銭なので、
特に問題はないでしょう

トレール注文で、1ドル=100円のドルを購入したとしましょう。
その際、あらかじめロスカットの幅を設定する必要がありますので、
例えば200pips、つまり2円としておきましょう。

注文を出した時点で、逆指値注文で98円に売り注文が出されてるのと同じような格好になります。
これだけなら、ただのIFD注文ですが、ここからがトレール注文の真骨頂です。

注文後円安が進み、1ドル=102円になったとします。
すると、通常ならロスカットラインは98円のままなのですが、トレール注文だと値段差で
ロスカットラインを設定してるので、102円の2円差、100円までがロスカットラインが引き上げられます。

ここで仮に値を下げ、100円以下に落ちたとしても、取引は100円で成立し、損はほとんど発生しません。

この例を見て薄々感じるかと思いますが、このpipsの設定が非常に重要です。
ロスカットラインの幅を小さくしすぎると、値動きが激しい場合はあっという間に触れてしまい、
何度トレール注文を出してもロスカットに拾われてしまい、小さな損を繰り返してしまいます。
かといって、幅を持たせすぎると、損の割合が大きくなります。
この注文は、本当に繊細で綿密な設定が必要なのです。

FXが上昇トレンド、下降トレンドのいずれでも直線で動くのなら、トレール注文は非常に
楽な注文なのですが、実際には値を上下に揺らしながら動いて行きます。
ここに引っ掛かると、上昇トレンドには乗れません。

 


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.