title


OCO注文とは? 

OCO注文とは

OCO(オーシーオー)とは、「One side done, then Cancel the Other」の略で
「指値」と「逆指値」をセットで行うことができる注文方法で、タイミングを外さずに
利益確定ができ損失拡大の防止にも役立ちます。

2つの注文を出しておき、いずれか一方の注文が成約したら、自動的にもう片方の注文が
キャンセルになる注文形式です。
その利点は、損切りと利益確保の双方を同時に行える万能性にあります。
基本的には、どちらかを選択するのが取引における戦略の基本なのですが、この注文は
そのどちらも兼ね備えているの便利です。

例えば、現在1ドル=100円前後のレートだったとします。

値動きがある程度少ない状況で、チャート的には直線に近い感じの場合、とある地点で一気に
上昇するか下降するというケースが良くみられます。
これは、均衡状態が続いており、その均衡が破れるとその方向に一気に人がなだれ込むからです。

そんな状況の場合、OCO注文が有効です。

仮にそこで上げた場合は、上に設定した方の注文が通り利益確定します。
仮に下げたとしても、下に設定した注文が通り、損切りが可能です。

例に挙げた状況の場合、上をある程度高めに設定し、下を現在のレートに近い値で設定しておけば
、ローリスクハイリターンの注文が可能です。

OCO注文には、金融取引において夢のまた夢とされているローリスクハイリターンを実現できるのです。

もちろん良い事ばかりではありません。
使い方次第では思わしくない結果に終わる事もあり得ます。

例えば、1ドル=100円前後のレートで、比較的値動きが激しい状況下にあるとします。
この時に、ローリスクハイリターンを狙って、OCO注文によって

下の99円で買い、上を102円の売りといった指値注文を組み合わせが可能となります。

この場合、値動きが激しいと、100円を軸に大きく上下にぶれながら、トレンドを描きます。
そうなると、例え上昇トレンドに移行する場合にしても、下にぶれた時に99円にふれる可能性があります。
そうなってしまったら、その時点で注文成立です。
絶好の上昇トレンドを掴めず、OCO注文を出してミスだったという事になります。

取引業者によって、もっと複雑な注文をできるところもあれば、簡単なOCO注文しか出来ない会社も
ありますので確認が必要です。
この注文は、上級者向けといわれています。それは、値段設定にかなり絶妙な配置が要されるからです。

それだけに、OCO注文を使いこなせる人は、大きく利益を上げられているとも言えます。

 


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.