title


くりっく365とは?

くりっく365とは?

くりっく365は、世界で初めての公設為替取引所として有名な取引所為替証拠金取引の愛称です。

東京金融先物取引所、通称『金融取』に上場しています。
365は『サンロクゴ』と読みます。

くりっく365を扱っている会社は沢山とまではいかないものの、それなりの数存在しています。
まず、有名どころで言えばインヴァスト証券、スター為替が挙げられるでしょう。

インヴァスト証券は、くりっく365を扱っている会社の中でも、特にくりっく365に力を注いでいる会社です。
その成果として、くりっく365のシェアN0.1という実績を手にしています。

システム面で会社独自の圧倒的な情報量を確保しているのが強みでしょう。
売買の気配数量を把握でき、相場の状況を見やすくしてくれているところがミソです。

更に、N0.1という地位に溺れず、指値注文の期限を長くしたり、日曜にログイン可能にしたりなど、
常にユーザーにとって使いやすい条件を模索しています。
くりっく365の条件としては、手数料は210円(デイトレード時は105円)、レバレッジは30倍、
ロスカットは30%、発注証拠金額は3~7万円 となっています。

スター為替は、相場情報に関するサポートが充実しています。
電話でトレーディング・アドバイザーのアドバイスを受ける事もできます。
くりっく365の条件面も良く、手数料は210円(デイトレード時は105円)、レバレッジは30倍、
ロスカットは30%、発注証拠金額は3~7万円となっています。
また、中には手数料が非常に安いところもあります。
ばんせい証券は口座開設から二ヶ月の間は105円の手数料で取引が可能です。

為替ライフは189円の手数料で取引できます。

これらの会社の他にも、ユニマット山丸証券、リテラ・クレア証券、小林洋行FXMajor's、
岡三オンライン証券、小林洋行、コスモ証券、ハーベストフューチャーズ等の会社が
くりっく365を扱っています。

どういった会社が自分にとって最良の条件で取り扱いを行っているのか、
しっかりと事前に検証した上で、くりっく365口座を開設する会社を決めましょう。

 


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.