title


ロスカットとは?

ロスカットとは

ロスカットは、損失が一定水準を越えた場合に自動的決済する事で、それ以上の損失
を防ぐというシステムです。

これによって、一つの取引でほとんどの財産を失うなどの大損失を防ぐ事ができます。
人間は、なかなか自分の意思で損失を確定できないものです。

レートが下がっても、上がるんじゃないかという期待感から踏み出せないという人は
多いと思います。
そういった人達を救済するのが、ロスカットの仕事です。

そんなロスカットのラインは、会社によって違います。
ロスカットラインは証拠金維持率で定められます。

大体20%~30%といった所が多いようですが、中には同じ会社であってもプランによって
ラインが違うというパターンもあるようです。

では、具体的にはどれだけ値が落ちたらロスカットが発動するのでしょうか?
ロスカットには、基本となる計算方法があります。

証拠金維持率の算出で、証拠金維持率を導き出せれば、それが何%になると
ロスカット発動という条件は会社が提示しているので、自動的にロスカットの具体的な
発動値がわかります。

証拠金維持率は、有効証拠金÷必要証拠金×100で表します。
有効証拠金というのは、証拠金残高±評価損益です。

必要証拠金というのは、新規ポジションを持つのに必要な証拠金です。
会社ごとに設定されている金額(割合)は異なります。

では、このロスカットの計算式に実際の数字を当てはめてみましょう。
まず口座を持っている会社のロスカットラインが30%、レバレッジが20倍、
必要証拠金率が1%だとします。

そして、証拠金残高50万の状態で、1ドル=100円のレートにおいて、2万ドル(200万円分)
買ったとします。

レバレッジが20倍なので、実際に証拠金として注文したのは10万円です。
必要証拠金は100円×2万×1%=2万円となるので、証拠金維持率30%=有効証拠金÷2万円×100となり、
有効証拠金が6,000円となったらロスカットが発動します。

証拠金残高が50万円なので、有効証拠金が6,000円になるという事は、50万±評価損益=6,000となり、
評価損益が-49万4000円となったらロスカット、ということになります。

では、49万4000円のマイナスはどのようなときかというと、200万円分のドルが150万6000円になった時です。
つまり、1ドル=100円が1ドル=75円30銭となった場合ですね。

 


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.