title


マージンコールとは

マージンコールとは

マージンコールとは、一定の損失額に達した場合、現在の取引を維持する事が
不可能で警告を発するシステムの事です。

救済措置として、一定以上の損失を出さない為です。

しかし、広い範囲での上下動を考慮している場合、或いは証拠金が少ない場合は、
自分の容認範囲内の損失であっても、マージンコールが発生してしまうという
事態が起こりえます。

マージンコールが発生すると、一定期間内に証拠金の追加を行わなければ取引の
継続ができません。
所持金やタイミングの問題でそれを行えない場合もあると思いますが、その際には
渋々取引を中断せざるを得なくなります。

そのような事態を防ぐ為にも、マージンコールがどれだけの損失で発生するのかを
初めに計算しておきたいところです。
では、その計算方法とはどうなっているのでしょうか。

非常に複雑な計算がなされているのでしょうか?
マージンコールの計算は、割と簡単です。

ここでは、それを円を基準にした例を挙げてご説明します。
まず、口座に入っている証拠金を10万円とします。

レバレッジ20倍の場合、200万円までのドルを購入できます。
ここで仮に200万円分のドルを購入するとしましょう。

1ドル=100円のレートの場合、2万ドルとなります。
そして、この場合にマージンコールが30%だとします。

すると、元々の証拠金10万円の30%を損失した時点でマージンコールが発生するので、
3万円の損失となった時点で発生する事になります。

では、3万円の損失は1ドルが幾らになった場合に生まれるかというと、所持しているのが
200万円分のドルから197万円のドルとなった時です。

よって、2万ドルが197万円となるレート、つまり1ドル=98円50銭になった時点で
マージンコールが発生する事になります。
ここでは、1円50銭下がった場合、ということですね。

これが証拠金20万、レバレッジ5倍、マージンコール50%、1ドル=100円の際に1万ドル購入
という条件だと、証拠金20万×50%=10万の損失の時点でマージンコール発生となるので、
1万ドル=100万円が1万ドル=90万円。
つまり、1ドル=90円になった時にマージンコールが出されます。10円の下落に
耐えられるわけですね。


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.