title


通信回線種別


インターネット通信回線種別
インターネットの急速な進化に伴い、接続の種類も、従来からの固定電話の回線(電話回線)を 利用するタイプのから、光ファイバーケーブル(光回線)、 無線LAN、ケータイ電話やPDA(携帯情報端末)、モバイル機器を利用するものなど多様化して きています。 また最近では電気のコンセントを使うPLC(高速電力線通信)対応機器が発売されています。 ■ナローバンド  ◆ダイヤルアップ接続(一般電話回線) アナログ電話回線を利用します。電話で利用するのと同じ領域を利用し占有 するため、電話をかけているとインターネットが利用できません。 速度は最高で56Kbps。  ◆ISDN回線 アナログ電話回線をISDN用のデジタル電話回線に切り替えることになり、ISDNは 一般電話より少し速い64kbps。 回線が2本分あるので、電話とインターネットの両方を同時に利用することが できます。 2回線を同時にインターネットにつなぐことで64kbps+64kbpsで 最高128kbpsの速度を出すこともできますが、この場合の接続料金は2回線分 となり2倍になります。 ■ブロードバンド  ◆ADSL接続「(Asymmetric Digital Subscriber Lineの略」で 非対称デジタル加入者線) ADSLは一般電話と同様に、アナログ電話回線を利用します。電話回線には、 電話などでは使用しない高周波帯域があり、ここを利用するのがADSLです。 それぞれ違う領域(低周波・高周波帯域)を振り分けて利用する事で、 高速な接続が可能で、電話とインターネットの両方を同時に使うことができます。 最高速度は最大50Mbpsですが、上り(50Mbps)と下り(~5Mbps)の速度が 異なるため非対称となります。 ただし、回線ノイズ・抵抗の影響を受けやすいのでNTT収容局など自宅との 距離が離れていると極端に速度低下する傾向があります。  ◆FTTH接続(Fiber To The Home 光ファイバー回線) ADSLよりさらに速い最高で上り下り共に最大100Mbps※となります。 回線に光ファイバーケーブルを使用するため、ADSLと違い距離などによる 速度の低下もなく、安定した接続ができます。 bpsとはデータ転送速度を表す単位です。これはbits per secondの略で、 1秒間に転送することができるデータの量(bitとは情報量の最小単位)を示しています。 56kbpsの場合、1秒間に最大56kbpsのデータをやりとりすることができることを 示しています(1kbps=1,000bps)。 ■無線接続 屋外でも無線 LAN スポットを使えば、屋外でも快適なインターネットを利用 できますが、使えるエリアが狭い点や無線 LAN を導入している施設ごとに 利用できるサービスが違う点など、実際に使ってみると不便なことが多々あります。 モバイル通信の機器は利用形態の違いにより、次の3種類に大別できます。 ●USB タイプ・・・・パソコンの USB ポートに接続するタイプ。スティック型   はUSBメモリーのような形状をしています。 ●PC カードタイプ・パソコンの PC カードスロットに接続するタイプ。   PC カード規格の違いで、PC カードタイプと CF カードタイプ、   ExpressCard/34タイプの3種類があります。 ●携帯電話・・・・・携帯電話の中には、パソコンとUSB ケーブルまたは Bluetooth   で接続することで、モバイル通信機器として利用できる機種があります。   携帯電話をモバイル通信機器として使うことを「モデム機能」といいます。 (サービスと料金に注意) ━━━キャリアごとのモバイル通信の現状━━━ ●NTT ドコモ・・・「FOMA ハイスピード」最大受信通信速度7.2Mbps(カテゴリ8)、 もしくは3.6Mbps の高速パケット通信が可能。 ●ソフトバンク・・・「3G ハイスピード」下り最大3.6Mbps (最大7.2Mbps機種依存) ●イー・モバイル・・「EM モバイルブロードバンド」最高受信通信速度7.2Mbps のHSDPAデータ通信サービス。 ●ウィルコム・・・・「W-OAM」電波状態に応じた最適な変調方式が自動的に選択 ~512Kbps。 「CORE XGP」最大7.2Mbps。

Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.