title


FXの税金

FXの税金とは?



FXの税金に関して

金融取引の際、税金に関してはしっかりした知識を持っていないといけません。

初心者の方は税金がかかる事すら知らないなんて事も十分ありえます。
FXにも当然税金が発生しているわけです。

金融取引には、基本的に所得税と住民税がかかります。
FXでも同様で、FXで徴収される税金は、課税所得金額によってその税率が変わってきます。

課税所得金額というのは、税込みの総所得から所得控除を引いたものです。
所得控除とは、社会保険料や生命保険料の控除などの事です。
よって、FXで徴収される税金というのは、総所得から社会保険料・生命保険料の控除などを
引いた金額によって、その税率が決まってくる事になります。

その税率に関しては以下の通りです。

・課税所得金額  20~195万 税率15%
・課税所得金額 195~330万 税率20%
・課税所得金額 330~695万 税率30%
・課税所得金額 695~900万 税率33%
・課税所得金額 900~1800万 税率43%
・課税所得金額 1800万~   税率50%

なんと!最大で半分を税金で持って行かれる事になります。

FXにおいて、儲け方は二通りあります。

為替の売買で、為替レートの差額によって儲ける『トレード派』と、
スワップ受取りによって儲ける『スワップ派』にそれぞれ分かれています。
難易度的にはかなりにトレード派が難しいといわれています。


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.