title


FXと外貨預金

FXと外貨預金とは?



FXと外貨預金の差は明確で取引にかかるコスト、スワップ金利に関しては完全に
FXが有利といえます。

取引コストは口座を開く会社によって異なり、会社によっては、その差が出てきます。

それでもFXと外資預金の間には埋まらない差があります。
まず、取引コストですが、外資預金の場合は仲介する銀行がかなりの金額を取ります。

相場は大体片道1ドル=1円です。例えば、1円=100円のレートで取引を行うとします。

この場合、銀行のドルの売値は101円、銀行のドルの買値は99円となります。
よって、往復では2円となり、1万ドルの取引なら2万円、10万ドルの取引なら20万円が
手数料として持っていかれます。

一方、FXはというと、基本的には手数料とスプレッドコストが取引コストとなるのですが、
手数料は無料のところが多いですし、スプレッドは大体1ドル5銭程度です。
手数料がかかる場合でも、せいぜい数百円程度。

1万ドルの取引なら、1,000円程度のコストで済みます。
2万円と1,000円、これをわずかの差と思う人はいないでしょう。
FXと外資預金の大きな差はここにあります。

スワップ金利も、大きな違いの一つです。
外資預金に預け入れを行った場合、金利が確定するのは満期になってからです。

しかし、FXのスワップ金利は、毎日つきます。
もちろん、金利は変動するので、100%スワップ金利が有利とはいえません。

スワップ金利がマイナスとなるケースもありえます。
しかし、大抵の場合は外資預金の金利より、FXのスワップ金利の方が高くつくでしょう。

FXには満期がない事も大きな特徴です。
外資預金は一定の期間解約を禁止しているところが多く、その途中で外資を売ることができません。

したがって、自分の買った通貨価値が上がり、利益の確定が行える機会があっても、
その期間においては売買はできないので、売ることはできません。

ですがFXは満期がないので、自分の売りたいタイミングで売ることができます。
早めに利益確定したい人、市場を毎日見ていてタイミングをしっかりと図れる人にとっては、
断然外資預金よりもFXが有利といえるでしょう。


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.