title


ユーロの重要性

ユーロの重要性とは?



ユーロの重要性は年々増加しているといえます。

ユーロは、ドイツのブンデスバンクが中心となって管理しており、ドイツの経済が
ユーロに与える影響はかなり大きいようです。

東西ドイツが統一して以降、ドイツの経済は安定化してるようにみえます。
それもまた、ユーロの強みといえるでしょう。

その最たる理由は、取引量です。
ユーロの特徴は、その使用範囲の広さに尽きるでしょう。
多くのヨーロッパ諸国で使われているので、その貨幣価値と流通量は大変なものです。

これまではドルの独壇場だったFXにおいて、ユーロの取引量はずっと増加し続け、既に
世界第2位はゆるぎない物になったかに見えます。
しかし金融ショック、ギリシャの金融危機に大きく揺らぎました。

また、ユーロは石油大国の影響をある程度受けます。
現在、オイルマネー再来と言わんばかりに石油の価格が高騰し、石油を抱えている国の経済は
上昇しています。

ユーロの特徴として他に挙げられるのは、インフレへの対応の早さです。
参加している国が多いことが、ここでは大きな力となっています。

その影響を受けるという事は、ユーロにとっては大きなプラスということです。
FXにおいて、安定感が取引上重視されるのは言うまでないことです。

ユーロの重要性を示唆するものとして、その取引量が挙げられますが、それは日本でも

顕著に現れています。

日本円/ユーロの取引が一般的とされていますが、実は米ドル/ユーロの取引が日本でも

結構扱われています。
世界的に見たら、最も多く取引されているペアなので、その安定感は最高といえるでしょう。

唯一のユーロの欠点は、財政と為替・金融の管理が一元化されていない事です。
これによって、一体性の欠ける経済政策となり、地域格差が生まれやすくなります。

ユーロはまだ歴史の浅い通貨です。
しかし、その参加国の多さから、いずれは米ドルと肩を並べると言われています。


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.