title


円安は輸入に有利です

円安は輸入に有利です?

円高になると、日本の企業の株価は下落する傾向にありまよね。

日本は資源を豊富に保有しているわけではありません。
しかし日本にご周知の通り、電化製品や車両、小型船外機など
世界を代表するようなメーカーあり、日本に多額の利益をもたらしています。

現在では輸出主導(外需依存)が日本国内消費に対して悪影響を与えている
という意見もありますが、それでも日本は輸出に頼るしかないのが現状です。

日本を代表する自動車メーカーのトヨタを例に見てみましょう。
トヨタの売上は現在軽く20兆円以上です。
日本内ではガソリン価格の高騰や優秀な競争社(ホンダや日産)の存在もあり、
販売数自体は伸びていませんが、海外ではかなりシェアを上げています。

アメリカでプリウスが1台売れれば、単純に2万ドルの売上になります。
1ドル100円場合、日本円にして200万円の売上となります。

もし急激な円高になり、1ドル80円になった場合、同じ2万ドルでも、
日本円では160万円の売上となります。
つまり、トヨタにとっては円高に動くと円安の時よりも日本円に換算した場合
額が目減りして不利になるわけです。

輸出に依存しすぎの日本の企業に投資している投資家は、円高になればなるほど
損失が拡大すると懸念して、日本の企業の株式を売却する動きになっていきます。

事実、トヨタは1円 円高に動くだけで、350億円以上の利益が吹き飛んでしまうと
発表しています。
もちろんトヨタだけではなく、ホンダ、日産、三菱をはじめソニー、パナソニック等の
白物電器系輸出企業のほとんどは円高によって多大なダメージを受けてしまいます。

逆に、輸入する側の企業にとっては円高は必然的に大きな利益をもたらします。
今までドル100円で購入できたものが、80円で購入できる事になれば、それはその企業に
とっては差益がでて嬉しいことです。

輸入と輸出のバランスが取れていない日本のような経済は、為替の影響が大きく、
ダイレクトに受けてしまうという事を知っておきましょう。


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.