title


FXの手数料

FXの手数料とは?

FX取引の手数料は、外貨預金と比べ、かなり安くなっています。 外貨預金の場合、外国通貨により手数料は異なりますが、割と多くの手数料がかかります。 外貨預金とFXの比較 ■ 外貨預金の場合  銀行で、米ドルやユーロを取引する場合には、1ドルあたりの手数料が、  片道50銭~1円50銭もかかる。  円から米ドルにする際に50銭~1円50銭手数料がかかり、再び米ドルから円に戻す際  にも手数料が発生するということ。  オーストラリアドルの場合など、片道4円もの手数料が発生するものもある。  ◆外貨預金(円⇔米ドル)の例   1ドルあたりの手数料が、片道50銭の場合⇒往復で1円。   1ドルが100円として、101円かかることに。   1万ドルの場合⇒手数料は片道5千円だから、往復で1万円。   1ドルが100円として、1,010,000円かかる。 ■ FXの場合   1通貨の単位あたりの手数料は、往復で2銭~15銭程度に収まる。  ◆FX(円⇔米ドル)の例   1ドルあたりの手数料が、往復2銭の場合   1ドルが100円として、100.02円かかることに。   1万ドルの場合⇒手数料は往復で200円。   1ドルが100円として、1,000,200円かかる。   外貨預金とFXの、円⇔米ドル取引の例からも分かるように、同じ金額を取引するのにも、      手数料が全然違ってきます。   外貨預金では1万円かかる手数料が、FXではたったの200円。   やはり、50倍もの差は大きい。。

Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.