title


FXを始めるには?

必要なものとしては、パソコンと資金があげられますね。


◆インターネットができる通信環境であること

FXは24時間マーケット(市場)が開いていますので、パソコンや携帯電話などの
モバイルがあれば、いつでもどこでも取引が可能です。

業者によっては電話注文出来る所もありますが、限られた時間内での電話対応なので、
思うような取引というわけにもいきません。

また、時間帯によっては、業者のコールセンターが混み合って、電話が
つながらないこともあります。
インターネットのできる環境さえあれば、こんなときのイライラも解消されます。

日本国内ではインフラが整備されて、よほどの地域でない限り既存回線に恩恵に預かれます。
このページをご覧になっていると言うことはすでにその恩恵をうけてインターネットを
されているかと思います。



◆自己資金があること

FXは、最低でも2~5万円、できれば10万円あれば始めることができます。
ただし投資は、余裕のあるお金で始めることが大切です。

人からお金を借りたり、生活を切り詰めてまでやることは避けましょう。
たとえていうと、「無くなってもいいお金」位に考えられる 資金内で取引するのが
ベターです。

お金にも心にも、余裕を持ってするのが理想的といえます。
自己資金に余裕のない人は、FXのための貯金をし、それが貯まってから始めるよう
にしましょう。



◆申し込む

インターネットができる環境にあり、自己資金があることがわかれば、次はいよいよ
申し込みです。
FXの取扱会社は、国内だけでも100社以上。
それぞれ取引条件や、情報の質・量、各種サポート体制などに差があるので、
注意が必要です。

取引証拠金の金額や、為替手数料、取り扱い通貨ペア、金利、レバレッジ率、
初回預入金額などの取引条件は、各会社によって異なります。
中には、悪質な業者も存在するので注意してください。

大手は問題ありませんが、中小規模クラスの業者の中には、電話勧誘で証拠金の
増額を促したり、大きくポジションを取るよう勧めたりする悪質な業者もいます。

失敗のないように、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。



Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.