title


レバレッジ

レバレッジとは倍率の事で、購入資金を借入によってまかない、自己資金以上の
投資を行う事が出来ます。
FXではレバレッジを使えるのが人気の高い理由です。

FX本来のメリットとレバレッジ規制

FXはすでにご紹介した通り、レバレッジを効かせて投資できますので、保証金以上の外貨を取引出来ます。

これがFX本来のメリットだと言えます。

ただし、残念ながら2011年には、レバレッジの上限が25倍までに規制されてしまうため、かつて数百倍ものハイレバレッジを設定できたことは夢のような話となってしまいました。

スワップだけでFXをしているのなら、レバレッジは25倍も必要ありませんが、デイトレ、スキャルピングなどの短期トレードでは、レバレッジは高いほど有利なのは言うまでもありません。

レバレッジ規制は個人投資家の保護を目的に制定された言われていますが、ハイレバレッジほどロスカットがすぐ起こるため、ローレバレッジより損失が少なくて済むという面もあります。

リーマンショックで大損をしたのもローレバレッジのスワップ派の人たちですが、FX始まって以来の大きな損失を生んだ現象に対して何も手を打たない、対策しない、その代わりにレバレッジを規制しているようでは、有能な投資家はどんどん日本のシステムから離れていくでしょうし、日本の経済はさらにやせ細っていくでしょう。

レバレッジを危険視する人は、実際にFX取引を行ったことがない方が多いのか、レバレッジに対して間違った意見を展開していることがあります。

為替差益を狙ったキャピタルゲイン型のトレードが難しいと言われるのは大きな値動きに注目して取引するからです。これが1円を切るような小さな値動きなら、手堅く予測して決済をかけることはそれほど難しくありません。

勝率の高いトレーダーほど、取引回数もそれほど多くないと言われています。

なぜなら彼らは勝てる取引しかしないからです。

さらに言えば、確実に予測出来る小さな差益を狙って取引をするので勝率も必然的に高くなるわけです。

そして小さな差益を大きな差益に変換してくれるのが、ハイレバレッジと十分な取引通貨数です。

ですから勝てるトレーダーにとってレバッッジは決してリスキーなものではなく、FX本来のメリットでしかないのです。

これと反対のトレードスタイルが、比較的大きいの値動きを狙ってポジションをたてるものの、レバレッジは低めというパターンです。

こうしたトレード方法なら金融庁のレバレッジ規制もそれほど影響かないかも知れませんが、FX本来のメリットを生かしたトレードスタイルに徹してきたプレイヤーにとっては、今回のレバレッジ規制は非常にナンセンスなものです。

またこのレバレッジ規制で、投資家以上に打撃を受けているのは店頭取引のFX業者です。

この規制によって国内のFXブローカーから離れていった優秀なトレーダーが多数出てきているからです。

こうした個人投資家は資金力も高く、FX業者にとっては最も離れてもらっては困る顧客です。

個人投資家保護を目的に制定されたと言われるレバレッジ規制ですが、これでは店頭取引業者を少しずつ潰しにかかっているのかと思ってしまうほどです。

いずれにしても、行政の本当の目的がどこにあるのかについて、大いに考えさせられる内容であることは間違いありません。

FXの取引は基本的に1万通貨単位です。
(FX会社によっては1000通貨単位もあります)

例えば、1ドル100円の時に、1万ドル買うには100万円必要になりますが
100万円も持ってない!
そんな時にレバレッジを使います。

10万円の資金でレバレッジ10かければ、100万円の取引が出来ます。
1万円の資金でレバレッジ100かければ、100万円の取引が出来ます。

要は少ない資金で大きな取引が出来るってわけです。

ここでよく初心者の方が恐れるのは、「リスク」です。
元金以上にそんな大金動かして失敗したら大損してすぐに焦げ付くのではと
思ってしまいますよね?

そんな大きな心配をしますがイメージとしましては・・・

例えば10万円の資金で、1ドル100円の時に1万ドル購入します。
1ドル99円に下がれば1万円の損。

10万円の資金で1万ドル(100万円分)動かしても、1円下がって
1万円しか損しないんです。

イギリスポンドなんかは円より変動が激しく1日単位で10円動いたりしますが、
アメリカドルー円の場合は 1日単位で通常時1円前後程の動きです。

しかもFXでは、注文を出す時に「損切り」を一緒に出す事が出来ます。
「買った値段より50銭下がったら決済(売る)する」というような処理。
1万通貨でしたら、50銭下がれば5000円の負け。
この損切りを20銭下に設定すれば2000円の負け。

買う時からリスクをコントロール出来るので、操作を誤ったり熱くならなければ
大損する事はありませんが
レバレッジをかけることで利益も倍になりますが、逆に受ける損失も倍になります。
レバレッジの使い方には注意しましょう。

FXの最大の特長は、担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて、
 何倍もの金額の外貨を取引できることです。

業者のよっては、レバレッジという表記は、保証金率という表記となっているところもあります。


Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.