title


FXとは

FXとは(Foreign eXchange)の略で、日本語で「外国為替証拠金取引」です。

日本では1998年の法改正でスタートしました。

外国為替取引は、円、ドル、ユーロなどの各国の通貨を売り買いして利益を出し、その差額で
儲けてしまおうと言うことです。

■FXの取引方法

外国為替証拠金取引で収益をあげるには、ふたつの取引方法方法があります。

ひとつは、二国間の通貨を売買することで得られるキャピタルゲインを狙った為替差益型の投資方法す。

もうひとつは二国間の通貨の金利差で収益を得るタイプのスワップ投資と呼ばれるものです。

FXはレバレッジをはたらかせて行う外貨投資ですから、為替差益型の取引が王道と言えますが、日中に本業の仕事があって、常に相場を監視できる時間を十分に確保できないトレーダーにとっては、デイトレやスキャルピングといった短期売買はなかなか手を出すことができません。

そのため、特に副業トレーダーの方には、一度セットしたポジションを長期に亘って保持し続けるスワップ型の投資スタイルが人気あります。

どちらのトレードスタイルが、より簡単であるとか初心者向けだとかは一概に決めつけることはできません。為替差益型の短期トレードも、基本は「安く買って、高くなったら売る」もしくは「高く売ったものを安く買い戻す」というシンプルな考え方が基本にあります。

乱暴な言い方になりますが、「運が良ければ」全く初心者でも勝つ可能性も十分あるとも言えます。

しかし実際は、相場の動きを的確に予測するのは非常に難しく、初心者が山勘でポジションをとって勝ち続けられるほど甘いものではありません。

ですから、初心者ならまずスワップ投資からはじめて、FXで収益を得る楽しさを知ってみるところからスタートするのがおすすめです。

なお、ポジション管理が楽に思えるスワップ狙いの長期トレードも、金融危機が勃発した場合は注意が必要です。為替変動と政策金利の引き下げが同時に起こって、金利のプラス・マイナスが逆転してしまうと、積み上げて保持してきたスワップポイントを一気に失ってしまう可能性もあるということは知っておかなければいけません。

またポジションを持つタイミングも重要で、出来る限り円高局面でポジションをとらなければ意味がないのは言うまでもありません。

利益の出し方は単純に2通り。

●為替差益
●スワップポイント

為替差益とは、例えば1ドル100円の時にドルを買って、1ドル101円になったらドルを売ります。
すると、1円儲かります。

為替という事で、最初は結構分かりにくく思てしまうんですが、慣れてくれば違和感も無くなります。
商品に例えれば、「安く買って → 高く売る」と思えば結構です。

スワップポイント(スワップ金利)とは金利差の事です。
例えば日本円が1%の金利だとします。
100万円預けて1年で1万円の金利が入ります。

オーストラリアドルが金利5%だとします。
オーストラリアに100万円預ければ1年で5万円の金利が入ります。

日本との差は4万円になります。
ということは、もしオーストラリアドルを持ってれば、この金利差分で利益が出るという事です。

世界から比べれば日本は金利がかなり低い方で、しばらくはこの状態は変わらないんじゃないでしょうか?

それなので、他の通貨を買う事でこの金利差分の利益が発生します。

FXの売買では為替差益で儲けるイメージが強いと思いますが、このスワップポイントも利益を生み出す重要な手法です。

 

為替差益で利益を得るか、スワップポイントをコツコツ貯めてくか。
これがFX(外国為替証拠金取引)となります。

 

Copyright © 2010 kenet All Rights Reserved.