FXについて

平成23年 8月1日から レバレッジ規制 がされて、国内FX業者でのレバレッジが上限25倍までに限定されました。
今まで50倍で取引されていたことと比較しますと証拠金を倍増しなければ取引ロット数は単純に半減することになります。
つまりてこの原理が弱まりより稼げなくなったと言えます。

レバレッジ規制として昨年8月に50倍となりました、第一回目の規制は円売り残高そのものには影響を及ぼさなかったとみられます。
しかし、売買フローは減少しました。
今回も同様の影響が推測され、FX取引業者の経営を圧迫することが予想される。

証拠金取引への規制強化で、専門筋は「為替市場への影響力を強めてきた日本の個人投資家の勢いが衰える可能性が高まっている」とみているようです。


初心者でもわかるようにトレード方法や、リスク管理方法、FX業者の選び方などを掲載します。
FXはハイレバレッジな商品だと見られますが、ちゃんと勉強すればレバレッジのコントロールは可能です。
外貨預金の手数料より安価で、より高い金利の恩恵を受ける事は出来ますので、初心者でもFXにチャレンジして安定運用しましょう。
FX業者のサービスとして手数料無料・信託保全のセットは当たり前となりFXをする我々個人投資家の取引環境は充実しています。
クリック証券 など超ハイスペックFX業者も注目ですが、売買シグナルツールを備えた セントラル短資FX などの動向からも目が離せません。
外貨預金では1万ドルの取引に必要な金額は100万円(1ドル=100円で計算)なのに対し、FXは証拠金取引と言って少額の資金で大きな金額の取引が出来ます。
1万円で取引が出来るところもあり、外貨預金に比べて資金効率が優れています。
そのため、大きな利益を出すことも可能ですし、反対に大きな損失が出てしまう事もあります。
ただし、異常な場合を除き投資資金以上の損失が出てしまう事はないような仕組みになっていますので、株の信用取引や商品先物取引などに比べて安心はできます。

FX(外国為替証拠金取引)は、外国の通貨を売買して収益を出していく金融投資のひとつです。

1998年に外為法が改正されて、個人投資家向けのFXサービスが誕生しましたが、その流れによって、2000年代初頭からFX投資を始める個人投資家が急激に増えていきました。

個人向けの外国為替証拠金取引のサービスを国内ではじめて提供したのが現在のひまわり証券(ダイワフォーチュンズ)で、その後、数多くのFX取引会社が誕生していったのはご存知の通りでしょう。

外国為替証拠金取引は株の取引とは違い、取引できる時間が取引所が開いている間だけに限定されていません。また外国為替は世界中で取引されていますので、投資対象の通貨によっては「いつでも」取引することが可能です。

それとFXの人気が飛躍的に拡大した理由のひとつに、標準的なスペックのパソコンとインターネット接続環境があれば、「どこでも」取引ができるという点があげられます。

現在のFXサービスは、携帯、iPhoneなど、モバイル端末での取引環境の提供が当たり前のことになっていますので、FXの「いつでも・どこでも」という特徴はさらに強化されてきたと言って良いでしょう。

こうした取引しやすさという特徴を持つFXサービスは、幅広い層の個人投資家を囲い込むことに成功し、投資に関心が高い一般サラリーマンから外国為替取引について何の予備知識を持たない主婦に至るまで、いろんな層のFXトレーダーがこの投資に参加しています。

そしてかつての勢いはひと段落したものの、今も新しい投資家予備軍がFX取引に注目しています。


FXの取り引き手法

  • デイトレード
ボジションを建て、振り子のように反対決済をする短期勝負のスタイルでスワップは狙わず、単純に即決で利ざやを獲得する手法です。
レバレッジを50倍にして取引を行うことで、短時間で大きな利益を出すことも可能になります。
モニターに張り付けとなりますので、急な暴落などの緊急時にも対応できるるというメリットがあります。
その日の決済し次ぎの日に持ち越さないことが殆どです。
取引回数が多きなりますので、スプレットが狭・約定にすべりがない業者を選ぶべきです。


FXブロードネット(ドル/円の場合、0.5銭~)
外為オンライン
DMM
マネーパートナーズ  ・・・等
  • スキャルピング(Scalping)
デイトレの手法より上下のわずか時間で売買を繰り返すことを言います。数秒~数十秒の相場の瞬間的な変動を狙って細かな利益を積み重ねていきます。ティックや1分足等瞬時を見逃さずに相場が動き出した方に向かってポジションを建てます。
流動性の通貨ペアで、ユーロ円やユーロドル等がスキャルピングに向いていると思われます。またこの通貨はスプレッドが狭く、相場の方向性がわかりやすい事があるためです。
頻繁に取引をすることになるので、回数だけ手数料などのコストがかさみます。
  • スイングトレード
数日間で売買を完結してしまう短期売買方法のことをいいます。
デイトレードよりは長く、スワップ長期トレードよりは短い期間で利益を上げるトレード手法になります。
相場状況を把握し、指針などの情報を得てこの先の為替レートの予想を自分なりに想定出来ることが大事になってきます。
勝ち続けている人達はこれらの判断が出来、大きな損失を出さずにうまくコントール操作出来ている人達です。
  • スワップ狙い
スワップとは、簡単に言うと日本円と外国通貨の金利差の金利収入のようなものです。
日本円の金利は海に比べて極端に低いです。
例えば、金利が4%の外貨を購入する場合、日本の金利が0.3%だとすると両国の金利差である4.7%がスワップポイントとして受け取ることが可能となりますできます。
国内の定期預金の低さから比べればスワップポイントは魅力的です。
投資期間は数ヶ月~1年~数年といった投資方法なので毎日の値動きに耐えられるだけの余裕資金での投資が前提となります。
外貨預金に似たトレード手法といえるかもしれません。

リスク対策

相場が予想と違った方向に動ごいた場合は含み損が発生します。
幾多の人達は、それを素早く処理ができず、ここは我慢!「いつか戻るだろう」というあいまいな考えを抱き、結果的に後で手痛い目に合い後悔することになります。
大きな損失を発生しない為に、手持ち資金を考慮しながら早期の「損切り」できること重要です。
 ポジションを立てる際に損切りラインを決め、ポジションを保有すると同時にストップロス注文(逆指値)を出しておくのも良い方法です。

プロの方でも相場状況把握できず、知性と冷静さを失い多額の損失を発生してしまうことがあるようです。
売買の際には、予測どおりに動いた場合の利益確定と予測が外れた場合の損切りラインを決めておき、それを徹底的に守りルール化することが肝要です。

デイトレードでは相場の動きを常に監視することになりますので、サラリーマンなど日中に本業の仕事がある方にとっては、携帯で時々監視出来ていたにせよリスクの高い取引になりかねますのでますのでご注意して下さい。

ご注意

FXは元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生じる場合があります。
お取引の前に充分内容を理解し、ご自身の判断でお取り組みください。

FXの売買シグナル

FX投資家に人気の売買シグナルとは?

最近FX売買で人気と呼んでいる 売買シグナルとは、予め設定したモデルをもとに、売り買いのテクニカルポイントが出て、その発生をシグナルでお知らせしてくれる というもの。
FX初心者の方はチャートを見ることすらままならない作業なのに、テクニカルの分析など理解が難しいと思います。
こういった自動売買シグナルサービスを利用しながら徐々にテクニカル分析を勉強して、コツを覚えながら自分なりのスタイルを固めていくのが良い方法だと思います。

セントラル短資FXの『FXライブ』なら、売買シグナルを発信する各ロジックの運用結果もきっちり確認できる機能があります。
売買シグナルは、自動売買(システムトレード)とは異なり、自動売買機能はありません。
あくまでテクニカル指標における売買サインの発生をシグナルで配信してくれるだけで、 自分の判断・裁量で最終的には売買するという機能です。 よって初めてシステムトレードを使用する初心者FX投資家には目安となりおすすめなのです。


スキャルピングFXロボット
ライブの結果を見ることが出来ます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright © 2012 kenet All Rights Reserved.